4 merits マンション経営の
4つのメリット

安定的継続的に収入が得られます。

毎月の家賃収入で、安定的継続的に収入が得られ将来安心です。実物資産の不動産(マンション)が、品質が良く、人気エリアや駅近等利便性に優れた好立地好条件であれば、長期に渡って家賃収入が維持出来るので、利益を得ることも可能です。

生命保険の代わりになります。

金融機関からの融資(住宅ローン)には契約時に「団体信用生命保険」が組み込まれます。 住宅ローンの返済途中で万が一(死亡または高度障害)となった場合には、保険会社が住宅ローンの残額を完済してくれます。残されたご家族にはローン完済となったマンションを承継できます。マンションを売却すればまとまった資金を得ることも可能ですし、そのまま保有するとその後も長期にわたり安定した家賃収入を受け取ることが可能です。

少ない資金で始められます。

金融機関からの融資(住宅ローン)が利用できるため、まとまった資金がなくても始められます。購入時には諸費用(登録免許税・不動産取得税・手数料等)がかかりますが、購入後は支払いの大半を毎月の家賃収入でカバーできるので、少ない資金でも運用が可能です。マンションの支払いの大半は月々の家賃収入で返済することができます。

インフレ対策として

不動産は物価上昇とともに資産価値(地価)も上昇していく可能性が高く、そのため、インフレ時のマイナス的影響は少ない場合が多いです。
インフレに対応した資産と収入を得られるので、インフレに対しても高い効果が期待できます。
仮にデフレとなった場合でも、好条件の立地であれば土地価格は他の物価に比べて下落幅が小さいという特徴があるため、さほど大きなリスクを伴うものとはならないと考えられます。

(※インフレとはモノの物価が一定期間において持続的に上昇する現象のこと)
(※デフレとはモノの価値が下がった状態のこと)

ニューワールドインベストメント社長のブログ